2010年04月27日

笑顔は必要条件、笑い声は?

100401_1520~01.JPG

(ピンとくる タイトル が見つからず、非常に不満ではありますが…)

このページの初期の頃は、接客 とか、笑顔の重要性 とか エラそうに書いていた気がいたします。


あらためて考えるまでもなく、笑顔 と 笑い声 って一字違いだ!

家族 や 友達 などと過ごす時は、どちらも とても重要なモノだよね。

だけど、私達が携わっている“接客”というお仕事の最中には、

ちょっと扱い方が違ってくるのではないでしょうか??


店員さんの笑顔に関しては、無条件で大歓迎なのですが、


店内に大きく響く笑い声 ってどうなんだろう?


ヒソヒソ話で内容は聞こえて来ないけれど、時々 伝わってくる 笑い声。

自分の事が笑われているんじゃないか

って感じたことありません?



アルバイト店員さんが仕事外のことでヘラヘラしているのが気にならない店長さんや、先輩店員さんたち。



笑い声のネタ元が K16店長さんだったとかは論外ですが、


実は、笑い声の主ばかりに責任を押し付けてしまうのはどうかな?

ってケースも多々ありますよね!


アルバイト店員さんのやっていた事が、実は昨日自分自身がやらかしたのと同じ事だったとか…



記事にはならない (できない) けれど、身の回りに 「不満のタネ」 は山積しております。

はー、



笑顔 も 笑い声 も、「不満のタネ」にならないように、「喜びのタネまき」のために使いたいよね。

って、どこぞのFC元の宣伝ではございませんが…。
posted by ma10giwa at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事心得帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック